ホーム>スタッフブログ>慢性的な肩こりにライズトロンがそんなに効果があるのならなぜもっと普及しないのか?
スタッフブログ

慢性的な肩こりにライズトロンがそんなに効果があるのならなぜもっと普及しないのか?

このホームページのお問合せのメールや電話そしてライズトロン治療を受けている一般のお客様との会話のなかでよくこういう話題になります。

これは全く私の個人的な感想ですが私自身ライズトロン導入を決意したきっかけは 絶大な効果はあるけれど普及は難しいと思ったからです。

一般的に病院や整骨院で使われているマイクロウェーブや低周波治療器、ssp、他に腰椎頸椎の牽引等々、そのほとんどが患者さんをセッティングしてタイマーをかけて時間が来たら終わりというながれですが、ライズトロンはそれらの電気治療器と違って治療中はつきっきりになるということです。

つまりスタッフが一人それにとられてしまうということです。

私もこれを導入したからといって仕事が楽になるわけではないのですがデモ機を数か月借りて患者さんに施術してその目の覚めたような表情を見て効果を確信することに至ったわけです。

皆さんもぜひ一度体験してみていただきたいと思っています。

ここまで読んでいただき誠にありがとうございました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shiatuseitaianami.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9

ページ上部へ