ホーム>スタッフブログ>訪問マッサージ(北九州市八幡西区)回顧録1
スタッフブログ

訪問マッサージ(北九州市八幡西区)回顧録1

今日、自分の書いたブログを何となく見ていると回顧録の1が無いのに気が付きました。

何処に行ったのか?いろいろ探したけど出て来ない。

多分その頃はまだ不馴れでうまく更新出来なかったのかな、はたまた自分で誤って削除したのかなとか思いつつ、ふとおもいついて自分のアメブロを探すとありました。

良かった❗    ということで改めてこちらにコピペでありますが載せたいと思います。

 


ある日ケアマネ様より訪問マッサージの依頼がありA氏のお宅へ。
70才代男性独り暮らし。50歳代の頃仕事中、高所より転落事故に遭い その後遺症からか首から肩にかけて痺れと痛みがあり最近特に酷くなったとのこと。

数日前まで歩いてトイレに行けていたが今は起きることもままならない。

実際ベッドサイドに座らせても身体を支えられず前後左右に倒れそうになる。

受け答えはしっかりしている。様子を見て疑ったのが薬の副作用。

話を聞くと痛いとき限定の医師から処方された痛み止めの薬を 最近痛みが酷いので毎食後服用しているとの事。

実際肩から頚部にかけてパンパンに張っている。

そこで週3回で頚部中心に全身マッサージとスティック療法を行い徐々に薬の量を減らし歩行訓練を追加するとふらつきが無くなり次第に歩いてトイレに行けるようになりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shiatuseitaianami.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/35

ページ上部へ